--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

27

コメント

伏(ふせ)贋作・里見八犬伝


伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)
(2012/09/04)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


桜庭一樹の集大成的な感じが。ラノベから始まり、オンナノコの成長物語とか一族の一大クロニクルとかどうしようもない愛の物語とかミステリめいたお話とか…そんなこんなの要素が全部詰まってる感じ。これは売れちゃうんじゃない?文句なしに面白いものなあ。
スポンサーサイト

10

12

コメント

花と流れ星


花と流れ星花と流れ星
(2009/08)
道尾 秀介

商品詳細を見る


人気作家に必須の『さくさく読める』文章。2時間もあれば読めます。真備心霊探求所シリーズの短編集。連ドラにしたらけっこうウケそうだけどドラマ化の話とかないのかな。

10

12

コメント

夜は短し歩けよ乙女


夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る


可愛らしいお話。それにしてもこの人のレトロ趣味って素直に入り込めないとこがあって、何となく冷静に読んでしまうんですよね。昭和歌謡を現代の人気DJがリミックス、みたいな感じですかね。年の差を感じます。

10

01

コメント

ピカルディの薔薇


ピカルディの薔薇 (ちくま文庫)ピカルディの薔薇 (ちくま文庫)
(2012/07/10)
津原 泰水

商品詳細を見る


面白いんですけどね。でも、何か「蛇足」感があるんですよね。『蘆屋家の崩壊』が実に素晴らしかっただけに、続編はなかなか難しい。続編なら続編で完全に前作を踏襲しちゃったらよかったようにも思います。意図的にであればマンネリズムも楽しいものだし。でもまあ津原泰水だものなあ。そんなんやらんよなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。