--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

03

コメント

藁の盾


藁の楯 (講談社文庫)藁の楯 (講談社文庫)
(2007/10/16)
木内 一裕

商品詳細を見る


やはり良くも悪くも漫画なんですよね。読んでる感触というか、手触りというか。そこに目くじらを立てるも立てないも読む側の考え方一つですけれども。そんなあれこれもあるかも知れませんがノンストップで読めるエンターテインメントです。面白いからいいんじゃないかな。

01

18

コメント

ゾラ、一撃、さようなら


ゾラ・一撃・さようなら (集英社文庫)ゾラ・一撃・さようなら (集英社文庫)
(2010/08/20)
森 博嗣

商品詳細を見る


森博嗣がハードボイルドを書くとこんなんなるんですね。どこまでもスタイリッシュで硬質。いわゆる裏稼業の汗臭さとか血なまぐささとも無縁なカッコよさ。そこを楽しめるか嫌悪するかで評価が分かれるかなと。

01

11

コメント

ブラッド・スクーパ


ブラッド・スクーパ - The Blood Scooperブラッド・スクーパ - The Blood Scooper
(2012/04/24)
森 博嗣

商品詳細を見る


『ヴォイド・シェイパ』シリーズ2作目。まだまだシリーズが続きそうな感じなのかな。今後は人間の生臭い部分とかに踏み込むのかどうするのか。まあいいか。面白いから。

12

22

コメント

ヴォイド・シェイパ


ヴォイド・シェイパヴォイド・シェイパ
(2011/04)
森 博嗣

商品詳細を見る


スカイ・クロラシリーズが好きなら買いですね。溢れ出る思考。綺麗な思考。小説ならではの快楽。それにしても松本大洋の『竹光侍』と何だか似てるんだよなあこれ。偶然かなあ。

12

20

コメント

ラバーソウル


ラバー・ソウルラバー・ソウル
(2012/06/02)
井上 夢人

商品詳細を見る


異形の愛が引き起こす悲劇。これはまさに正統派ホラーの系譜。孤独な富豪の孤独な闘いと、それを見守る忠実な運転手という図式はバットマンをも思い起こさせる。そして引用されるビートルズの名盤。読後に男泣き。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。